電気書院/せいかつを育む-久美部門-

書籍

介護の思想 −なぜ人は介護するのか−

978-4-907757-80-9

21世紀を迎えて、「介護」はますます広汎な意義をもつことばになってきました。 いま近未来の人間と生活、地域の役割や国家の責任について問いかけ、新たに創造していくことが期待されています。 本シリーズ『介護の世界』は、この課題に対して応答していこうとするささやかな試みです。

第1巻は「介護」概念を学際的な視点から明るみに出し、現代における老いや障害・病を捉え直す内容となっております。

[内 容]
Chapter 1 コミュニカントとしての介護者
介護の豊かさについて
Chapter 2 介護への散歩 専門性探究
Chapter 3 介護力と地域力 地域ケアの意義
Chapter 4 『貧しい者』の権利 宗教とエンパワメント
Chapter 5 仏教思想にみる介護
自他の隔たりを越えた慈しみの実践
Chapter 6 語り合う身体
<場所論的コミュニケーション>としてのケア試論
Chapter 7 ケア概念の国際化
“A Caring World”に関する基礎考察
Chapter 8 ケアの新しい地平のために“口腔から見たケア”
Chapter 9 老いと介護 介護ということば
資料

著者・編者 増田樹郎・山本 誠 編著
体 裁 B5判 151頁
定 価 ¥1,800(税別)
送 料 300円(一部地域を除く)
コード 978-4-907757-80-9
数量
ページの先頭へ戻る