電気書院/せいかつを育む-久美部門-

書籍

家族福祉入門 しょうがい児・者家族の支援を例として

978-4-86189-087-1

本書は、はじめにしょうがい児とその家族の事例を取り上げながら、社会福祉において、家族をどう考えたらよいのか、そして、家族の支援にはどのようなものがあるのか、ひとり一人の持っている「家族観」、制度の持っている「家族観」、それらを見つめ直しながら、家族への支援のあり方を、問う内容である。

家族をどう見るのか、何を支援するのかといった、いわば社会福祉の理念と具体的な実践の間にある「家族に関わるにあたっての理念」が、空白な空間になっていた部分にあえて踏み込んだ一冊である。

[目次]
第1章 事例の紹介
第2章 家族福祉の理念
第3章 社会福祉援助の枠組み
第4章 家族福祉の実践
第5章 しょうがい児・者と共に生活する家族の実態
第6章 家族福祉の課題
第7章 事例の検討

著者・編者 鶴野 隆浩著
体 裁 A5判 100頁
定 価 ¥1,800(税別)
送 料 300円(一部地域を除く)
コード 978-4-86189-087-1
数量
ページの先頭へ戻る