電気書院/せいかつを育む-久美部門-

書籍

演習で学ぶ社会福祉の基礎と保健・医療とのネットワーク

978-4-86189-052-9

社会関連施設の増加や、地域支援、ネットワークづくり、生活環境の整備の必要性が高まっている昨今、看護師や理学・作業療法士、言語聴覚士など、保健医療を学ぶ学生が社会福祉について理解し、保健・医療・福祉の連携を学ぶことは、ますます必要になってきている。
ところが、適切な教科書やワークブックがないのが現状である。
そこで、ワークシートやグループ研究から既存のテキストを補足し、具体的に学べる教材の作成を試みた。
内容は、各科目のねらいや学科全体のカリキュラムに応じて、必要な部分のみを適時活用するようにしているため、章ごとの関連性はなく、レポート課題の文献となる章や、資料集的な章もある。サブテキスト的なねらいの本としての位置づけである。

【目次】
第1章 社会福祉を理解する
第2章 障害者・疾病と社会とのかかわり
第3章 対人援助の実践から「生き方」を学ぶ
第4章 身近なまちの中のバリアフリーを考える
第5章 医療・保健・福祉職の理解とグループ学習の必要性
第6章 専門職連携教育の展開
第7章 患者・家族とのコミュニケーションのコツ〜実習に向けて〜
第8章 社会福祉への理解を深めるために〜参考となる映画やマンガ〜

著者・編者 榎本則幸、長渕晃二、仁木淳、岩永量子
体 裁 B5判 122頁
定 価 ¥1,900(税別)
送 料 300円(一部地域を除く)
コード 978-4-86189-052-9
数量
ページの先頭へ戻る