電気書院/せいかつを育む-久美部門-

書籍

看護理論からの出発(たびだち)

978-4-86189-133-5

現在、看護基礎教育課程や大学院では「看護理論」の教科目がおかれ、さまざまな理論家による看護理論が教授されています。しかし、そこで学んだ理論が知識としてあるだけで実際に臨床では看護ケアに十分活用されず、看護師自身が「理論」と「実践」は乖離していると感じているという声をよく耳にします。しかし、はたしてそうなのでしょうか?「理論」と「実践」は表裏の関係にあり密接不可分な関係にあります。看護理論は実践されてはじめて機能するものであり、逆に実践は、看護理論に支えられてこそ、はじめて看護となりうるのです。(本書「まえがき」より)

−目次−
第1章 看護理論の概念
第2章 看護理論と看護実践
第3章 看護理論を実践・教育に応用するヒント
第4章 看護理論との出会いと出発

著者・編者 城ケ端 初子 編著
体 裁 B5判・136頁
定 価 ¥1,800(税別)
送 料 300円(一部地域を除く)
コード 978-4-86189-133-5
数量
ページの先頭へ戻る